呼吸法

5

呼吸法は間違えると危険
整体にも呼吸法はいくつかあります。

整体に限らず、どんな呼吸法であっても気をつけねばならないポイントがあって、間違えてやると呼吸法というのは大変危険なのです。

呼吸法の先生は脳疾患でなくなる方が多い。

今回はどの様にすれば安全にできるのか?そこを説明していきたい。
東洋の呼吸法は腹式呼吸が基本ですから、それについて。

とりあえず普通に腹式呼吸をしてみて下さい。
その状態で鳩尾(みぞおち)を触ります。

硬くないですか?もし硬くなっていたら間違っています。
どのくらいが硬いのか分からないかもしれません。
ここは普通、非常に柔らかい処ですから、少しでも硬さを感じているなら間違っていると言えます。その場合は一応普段の硬さも見ておいて下さい。

というわけですから、正しい腹式呼吸は最低でも鳩尾が硬くならない呼吸です。
結構間違っている人が多いので、チェックして欲しい。
ヨガ講師の方でも間違っている方が珍しくありません。それだとヨガにならないと思うのですけど、最近はヨガじゃなくてもヨガを名乗る風潮がありますね。
まあヨガに限らず、呼吸法というのは何であっても鳩尾を硬くしてはいけません。空手などをされる方も丹田呼吸法をやられると思いますが、注意点は同じです。
そもそも丹田の事がよく分かっておらない方も多い気がしますが、その話はまたの機会に。

関連記事

  1. 5 乾いている人は余計に冷えるし痛む
  2. i012373622_349-262 夏らしい事、、、
  3. i012302173_349-262 仕事終わりに、、☆
  4. 5 筋肉痛(笑)
  5. 5 美容研究
  6. ???????????????????????????????????? 台風がぁぁぁ
  7. %ef%bc%96 太りにくい体質
  8. i013111871_349-262 実は、、、ゲーマーです!

カテゴリー

2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP